ポストとハガキ

圧着ハガキが広告郵便に欠かせない理由

郵便ハガキ

近年、封書のダイレクトメールに取って代わるように、圧着ハガキのダイレクトメールを目にすることが多くなっています。なぜ、圧着ハガキが広告郵便として欠かせない存在になっているのでしょう。いくつかの理由があります。
閉じられているということが「ミソ」なのです。開いて中を見てみたいという興味がわく心理が働きます。「大切なお知らせ」などと書いてあるとなおさらです。また、紙面の面積が増える分、情報をたくさん伝えることができます。機密性があるため個人情報やそれに準ずるような情報を送ることもできます。受け取る側も安心できるわけです。
封書よりハガキなので郵便料金が安いというメリットがあります。封書にする手間より、ハガキを装置で圧着する方が格段に安いという作業コストの削減もできます。さらに、郵便法を利用して発送費用の削減が可能です。差出通数が2000通以上や宛名にバーコードを付けるなど様々なお得になる内容があります。詳細は郵便局に問い合わせるかホームページでご確認をしてください。
圧着ハガキの作成は業者に依頼する必要があります。圧着ハガキは印刷だけでなく圧着して封をするという専用の装置が必要だからです。最近は圧着ハガキを取り扱う業者が増えてきています。信頼できる業者選びも大切です。

圧着ハガキを使いより良い情報をお客様に届けましょう

広告効果の高い郵便物といえば圧着ハガキになります。圧着ハガキとは用紙を複数回折り中面をニスで貼りつけた郵便物です。簡単にはがして中を見ることができますが、一度はがすと再び貼りつけることはできません。そのため受取人以外には中が見られにくく、受取人にだけ知らせたい情報を掲載するのに最適な郵便物となります。複数回折り返されているので中身を開くとサイズが大きくなるため、情報量も通常のハガキよりも多くの情報を載せられます。そのため商品PRや新サービスのご案内など、たくさんの情報をローコストで伝えることが可能です。お客様の手元に届いた際に、隠れている情報を見たくなる心理的な効果があり、通常のハガキタイプでのダイレクトメールよりも開封率が高くプライバシーも守られます。ですがデメリットとして特殊なニスを使っているため長期保存には向きません。使用する前にまとめて刷り、必要になったときに随時発送していくといった使い方はあまりいい使い方ではありません。圧着ハガキをご自宅などで保管する際は、その対策に乾燥剤を使用するなど、保存する場所の湿度管理が必要となります。作成する場合は業者に依頼し保管等の備えをした上で利用するのがいいでしょう。広告郵便制度を利用すればより安い値段でお客様のお手元に届けることができます。広告郵便物のご利用には、事前の承認等、一定の条件を満たす必要がありますので専門の業者に任せた上でうまく圧着ハガキを活用してください。

広告にオススメな圧着ハガキのメリット

毎日のように、ポストにチラシや広告郵便が入ってきますが、大抵の人は、チラシはよく見ずに捨ててしまったり、封書だと開けるのが面倒くさくてそのまま、という人もいるかと思います。
煩わしいので広告やダイレクトメールはお断りだという人もいます。
そんな中、好評なのは圧着ハガキです。
圧着ハガキはハガキと同じで場所をとらないサイズながらも、両面を開くとたくさんの情報を見ることができます。
一見興味のないハガキでも、圧着ハガキだと、中に何が書いてあるのかな?と気軽にはがして中の広告を見てみる人も多いと思います。
また、圧着ハガキは丈夫な素材でできていることが多いので、クーポン券などがある場合も、チラシなどと違いボロボロになったり紛失したりする心配が少ないです。
たくさんの情報を伝えたい広告主側にとっても、受け取る人側にとっても、メリットが多いのが圧着ハガキです。
そんな便利な圧着ハガキの作成は業者に依頼するのがオススメです。
依頼する枚数が多くなればなるほど単価がお得になったり、実績のある業者に依頼することで、より広告郵便として効果的な圧着ハガキを作成してもらうことができます。
是非、専門業者に依頼して、メリットの多い圧着ハガキを利用してみましょう。

Pick Up Contents

Recent Contents

2019年08月07日
圧着ハガキはたくさんのメリットがありますを更新しました。
2019年08月07日
圧着ハガキを利用する上でのメリットを更新しました。
2019年08月07日
広告や大切な情報をハガキで伝えたいなら圧着ハガキ!を更新しました。
2019年08月07日
広告郵便にオススメの圧着ハガキを更新しました。